青森県三戸町 三戸三社大祭

 

 

平成13年見物『名月赤城山』

 青森県南部地方には、ひとつの祭りで十数台という大量の山車が出るケースがいくつもあります。そういったお祭りは八戸から持ち込まれた山車と共に、地元有志の手になるやや小型の手作り山車によって支えられています。京人形の代わりに知恵蔵頭の山車用マネキン(菊人形風)を使うこと、飾りもののほとんどをビニール製の造花にして業者発注等により入手しやすくしていることなどが主な要因でしょうか。三戸高校や野辺地西高校など、学校が山車を作ってお祭りに参加する例もあるようです。
 ここで紹介する青森県三戸町の山車は一般に「二段欄干高覧型」とも呼ばれるものですが、実質的には欄干は一段で、飾り部分の最下部に屋根が見えます。屋根の上に人形・風物を飾ったような独特の構造が三戸山車に共通していて、軒花が飾りの下に飾られる説得力があります。囃子は勇壮なものと優雅なものが混在し、これを場によって使い分けますが、あたかも以南・以北がこの2種を別々に伝え分けているように感じるのは私だけでしょうか(例:勇壮な囃子は盛岡・優雅な囃子は花巻)。

平成13年見物『宇治川先陣』

 三戸三社大祭は、三戸町の市街で毎年9月13・14・15の3日間にわたって催される(平成16年以降は第2週末に変更)お祭りで、初日と最終日、それぞれ昼下がりに神輿の渡御・還御に伴う山車行列が華麗に行われます。奉納台数10台超、一つ一つをじっくり見るには時間が足りないと感じるボリュームです。組によって作風に若干の差異はあるものの、大体どこの組にも共通する特徴がありました。
 まず人形ですが、たくさん人形を積み込む組(5〜6体)。八戸で見られるような山車用に作られたマネキン人形を使い、これに張子作りの大道具を付け足して、一つの場面を作っているタイプです。まさに「八戸山車の縮小版」であり、八戸山車が現在のような巨大化を果たす前の姿を残すものともいわれています。もう1つ、いかにも手製の人形を一つだけ据えてあるタイプの人形飾りがあり、これはかなり素人色が目立つ、張子細工が基本の人形です。山車の出来の良し悪しにとてつもない差が出ているなあと感じました。
 両者とも飾り方は共通していて、松の代わりにビニール製の紅葉や桜を山車の上部・側面に飾り、見た目は大変華やかです。松にはそれらを繋ぎとめるための脇役的役割しか無いように感じました。側面下方には紅白の牡丹を飾り、ほかにも花菖蒲など色々な造花を飾り付けます。特に軒花は色とりどりの大変華やかなもので、周辺地域にこれほど鮮やかな例はありません。

 台車はトラックがほとんどで、2段組の欄干を作って1段目には囃し方、2段目は上に述べたような華やかな飾り…という構造になっています。1段目と2段目の比率によって山車の印象が変わってきますが、大抵は人形が乗っている2段目の方が圧倒的に広く場所を取ったつくりになっています。
 囃し方は着飾った女の子で、稚児装束の女の子である場合が多く、それに伴ってお囃子も相当ペースの遅い雅なものになっています。岩手でいうと、花巻とか水沢のようなお囃子です。撥を耳のそばに当てて狐のような仕草をしたり、雅なお囃子特有の工夫が凝らされている例もありました。また、楽器の中に三味線が加わることもあるようで、盛岡や八戸の影響は一見無いかに見えます。

名手六日町による『児雷也』

 …が、この雅なお囃子はあくまで神輿の渡御・還御行列の際のものであり、例えば行列から離れて自分たちの町内に帰るときなどは、八戸・盛岡に近いリズムのお囃子を使います。このような「兼用」は三戸郡独特で、名川や南部の山車行事にも伝わっています。神社に向かう場合は「のぼり」、自町内へ帰るときは「くだり」で、このようなシチュエーションによって囃子を区別する風習はもう少し広域の山車行事を探してみても、いくつか見つけることが出来ます。

 三戸の山車は糠部地方では最も古い歴史を誇るといわれています。現在の形にどれだけ往時の面影が残っているかは定かではありませんが、かなり古くからこの土地の作り手達が得意としてきた趣向があります。電線の無い所で山車の上部に仕掛けられた絵を描いたベニヤ板を立てて、山車を高く見せるというものです。同じような単純な仕組みで人形を手動で立てたりもしているようですが、これはいうまでもなく、のちに八戸市に取り入れられる競り上げ山車の仕掛けのルーツであり、一時平三山車にも取り入れられたほか、盛岡では里見八犬伝の鯱鉾の仕掛けにこの技法が参照されています。三戸山車のサラブレッドぶりを物語る良い痕跡といえるかもしれません。

同心町見返し『このはなさくや姫』

 祭典初日と最終日に山車が合同で動きますが、初日は集合午後1時半で駅から見て奥から手前に向けて巡行、最終日は1時前に集合して手前から奥に巡行します。途中休憩を挟み、行列が執着地点に達し折り返しを始めるのが午後5時半過ぎです。私は初回のみ昼過ぎから見ましたが、後は最終日の夕方に他のお祭りと掛け持つ形で三戸山車を見ています。折り返した山車は早いペースで地元に帰りますが、次第に明かりが点り、自町内に至った山車は引き続き帰路を急ぐ山車を見送ります。三戸の町が意外なほど広く元気な店が多いことと、この見送りの盛り上がりが、私にとって三戸祭りを象徴する光景になっています。
(平成13・16・23年見物)



八日町『三方原の武田信玄』
日程概略

初 日:山車出発13:30→休憩15:40→折返17:30→納車19:00
千秋楽:山車出発12:50→休憩15:40→折返17:30→納車19:00

※会場がIGR三戸駅とは少し離れているので注意

 

演題の記録[平成13年直接確認分]
 《表》五条の橋2例(上同心町・久川町)・弁慶立往生・平将門と滝夜叉姫(下二日町)・加藤清正虎退治(八日町)・南部俵つみ・宇治川先陣・弁慶壇ノ浦(青森県立三戸高等学校)・一寸法師(元木平)・雷神菅原道真(同心町)・児雷也(六日町)
 《背》一寸法師(六日町)・名月赤城山 国定忠治(久川町)・ドラえもん(元木平 ※元木平はアニメや実写ヒーロー物などの見返しを実に精巧に作る)・角兵衛獅子・錨知盛(同心町)・弁慶立往生(八日町)・浦島太郎(下二日町)・かちかち山(上同心町)


写真・文責:山屋 賢一

山車夜景

※青森県南地方の風流山車祭り紹介

 

※ホームへ