青森県むつ市 大湊ねぶた祭り

 

 

海上自衛隊の前ねぶた『為朝』

 今や日本中に知られるところとなった青森のねぶた祭り。津軽半島一番の誇りとされるねぶたである。それだけに、ねぶたというのは津軽独自のものという意識が強い。津軽以外のねぶたは全部偽物、最近始まった歴史の浅いねぶた…などと思いがちである。しかし落ち着いて考えてみると、ねぶたのような飾り行灯は、その巧拙は別として、かつては近隣各地に見られたものであった。それをめぐる人々の「熱さ」が現状につながっているという点に十分配慮した上で、今回は誰に注目されるでもない本来の素朴なねぶた行事の足跡を追ってみたい。

 弘前や青森といった多数の観客を集めるねぶた祭りの影で、藩の境を越えた南部藩領下北に脈々と受け継がれる素朴なねぶたの姿がある。写真やビデオ販売はもちろんのこと、出店もあまり出ることの無い、まったくといっていいほど観光化の見られないねぶた祭りである。それは言い換えれば、観光客がまったく来なくても十分に成立する祭りだということであり、それが本来の祭りの姿であることはいうまでもない。

 大湊ねぶた祭りは、平成17年で120周年を迎えた。下北地方随一のねぶた祭りである。ドドドッ、ドドドッ…津軽よりもだいぶ素朴なお囃子が、運動公園の芝生に集まったねぶたの向こうから聞こえてくる。ねぶたは夕方、4時半に運動公園に集まる。そして夕闇がだんだんと濃くなる6時半ごろ、一台ずつ、町へ下っていく。その仕上がりを見れば、一つ一つが大変に個性的で津軽らしくない。念のために言い添えるが、お手製の色というわけではなくて、どのねぶたも非常に上手である。以前の勤め先の上司の話では、昔は大湊に青森ねぶたを船で運んで使っていたらしい。現在の大湊ねぶたは、当時の青森ねぶたの表情を残す意匠なのだろうか。いまや黒石にも弘前にも見られなくなった「失われた津軽の味わい」、それとも大湊で「醸造された味わい」か、いずれ一つ一つをじっくり楽しみたい秀作ぞろいであった。  

大湊ねぶた『出会い』の背面
 狭い道を通るときには、ねぶたを横に回転させて動かす。黒石で見たような運行法であった。ねぶたの背面に送り絵を描いている例は数例しかなく、おのおのの団体で工夫が見られる。たとえばねぶたではおなじみの水滸伝武松の虎退治、後ろの部分には楕円形のキャンバスに虎の絵が描いてあった。車引きのねぶたの背面は、源氏車の左右から松桜がかかるデザインであった。釈迦涅槃というねぶたは、表の人形はなじみの無い合戦模様のようなデザインで、裏側に寝大仏が描いてある。絵であっても、津軽のように枠を作って描いているのではなく、非常に奔放なキャンバスに描かれているのが独特であった。

 大湊ねぶたの台車はトラックで、上にねぶたを乗せて提灯を吊るしている。結構な横幅だが、非常にバランスよく仕上がっている。基本的に3体で構図を作り、おのおのの距離感にも気配りが見える。車引きの3兄弟はそれぞれの表情に味わいがあり、彩りも美しく歌舞伎ものの本領を発揮していた。津軽では、ねぶた師の解釈を交えずに作られる歌舞伎ものは暫ぐらいしか無く、着物の色合いすら作り手の創意に委ねられている。対して大湊大平町、着物の彩を歌舞伎のままに生かした大湊の車引きは、歌舞伎の美意識と彩色行灯の美意識が見事に調和した、鮮やかで美しいねぶたであった。大きな朱塗りの仁王が印象的な花和尚のねぶたは面白い構図である。戦国ものが得意で今年は維新の戦「蠣崎の乱」を作ったねぶた組、連獅子のような赤毛のついた兜で躍動的に馬を繰る武者の表情にも、この地域独特の風合いを見た。プロの域を感じたのは、勢田の唐橋・釈迦涅槃の2作品。いずれも大湊ならではの上手さなのだと思う。とにかく全てのねぶたが違う表情で、それでいてほとんど稚拙さを感じない。やはり津軽から車を長時間走らせてでも見る価値のあるねぶたであった。  

駅前通運行前

 合同運行は途中休憩も交えながら展開され、駅前通に差し掛かるころになると隊列も整い、ねぶた行列の先頭を手踊り集団が練り歩く。いわゆる婦人会テープ音源手踊りで、本ねぶたに先行する前ねぶたの多くが、踊りの音源を流すためのスピーカーを仕込んでいる。郷土芸能愛好者の「下北の手踊り!」との期待は裏切られるが、まあそういったことも楽しい。

 2方向から下ってきたねぶたが合流し、いよいよ駅前通に並んだ…というあたりで大湊を出発したので、もしかしたらこれから佳境、という瞬間を見逃してしまったかもしれない。遠路の祭り見物には、何かと後悔が付き物だ。帰る道すがら、最後尾のねぶたの囃子が前述の素朴なものから、青森に近似したものに変わったような気がする。この時の後ろ髪惹かれる想いが、また自分を大湊に連れて行ってくれるような気がしてならない。

(平成17年見物)





〜平成17年大湊ねぶたで記憶に残った作品〜

●水滸伝 行者武松の虎退治 
●菅原伝授手習鑑 車引き
●蠣崎の乱
●水滸伝 花和尚仁王像を壊す
●須佐之男尊
●出会い(五条の橋)
●児雷也
●釈迦涅槃
●御伽草子 勢田の唐橋

写真・文責:山屋 賢一

写真掲載サイト1

写真掲載サイト2



※筆者が見に行ったねぶた祭り一覧

 

※ホームへ