岩手県野田村 野田観光まつり

 

 


上組見返し『竜神』

 九戸郡野田村は、北三陸の拠点都市のひとつ 岩手県久慈市の隣村である。江戸時代は内陸へ牛の背に乗せて塩を運ぶ「塩の道」の起点として栄え、久慈よりも人口は多かった。観光まつりは村内中心部の高台に鎮座する愛宕神社の祭礼で、平成13年に完成した神社前の巨大な鳥居が町のシンボルとなっている。神社から三方に道が広がり、駅側から上組(カミクミ:カにアクセント)・中学校側から中組(ナカクミ:カにアクセント)・鳥居の正面から下組が、それぞれ山車を引き出し神社に奉納する。

 久慈の山車は八戸流で、長らく八戸祭りで使われた山車をそのまま輸送して引いていた。野田村でも1台、八戸の十六日町から山車が輸送されていたし、南隣の普代村では2台、八戸山車を持ち込んでいた。さらに南下すると、岩泉周辺まで山車文化は断絶する。
 野田村の山車行事は立地条件から考えると久慈流、山車のみは実質的に八戸流となりそうなのだが、なぜか八戸山車は下組の1台しか登場しない。残りの上組・中組の2台は、二戸の山車職が作った「平三山車」である。二戸市から野田村までは車を使っても1時間以上かかるし、公共交通機関を使う場合は久慈や宮古からしか行けない。近隣であるから二戸の山車が登場しているのではないのである。野田村が主体的に、二戸の山車を選んでいるのだ。

 

最大の平三山車

中組『弁慶立往生』:下絵は不肖山屋による

 二戸市在住の山車職人 平下信一さんに伺ったところ、毎年野田村の山車への意気込みはとりわけ大きいという。野田村の山車台車は平三人形を上げる地域では一番幅が広く大きいので、壮大な構想を形にしやすいらしい。その言葉の通り、野田村で見る平三山車は他地で見られるものと比べて明らかに壮大で、岩や波、紅葉や桜、大道具小道具の類がこれでもかと詰め込まれて豪勢な山車に仕上がっている。他で出るのと同じ趣向でも、様々な大道具が足されて野田独自の姿となる。山車は市街に繰り出せば道幅いっぱいに広がり、脇を歩くのが難しいくらいである。
 少ない人形で仕上げられた平三山車は、どちらかといえば一戸以南型・盛岡風だと長らく思っていたが、人形同士の距離を適切に保ち、大太鼓を前にしても人形が隠れないほどの間隔をあけて組まれた野田の平三山車を見ると、盛岡の面影よりも往時の八戸山車を髣髴とさせるものがあった。平三山車が盛岡山車と八戸山車、両者の美意識を充分にはぐくんで出来上がっているのだと、野田に来て初めて実感した。

 

 人形以外に目が向いても、野田の平三山車には魅力がある。
 上組の山車台車には発泡スチロールで作った現代風の欄間が付いて、全体を豪華に見せている。脇には開閉式の軒花が飾られ、色は青や緑が混じって賑やかだ。中組の場合は台車の部分を幕で覆っている。単に紅白の幕で飾るのは田舎くさいが、中組は渋い色で染め組の名を入れた幕で覆う。これも重厚で落ち着きがあり、見事な仕立てである。
 どちらの組も自前で雪洞を飾っている。プラスチック製の朱塗りのものもいいが、和紙を張った昔ながらのものもなかなか趣がある。野田の山車には、発注とはいえそれを自分たちのものにしようという心意気が見え、同じ借り上げ文化の元で育った私の心を大いに奮わせてくれた。

 

野田の自作組

 下組は、他の2組と違い長らく八戸から山車を借りて引いていた。上下左右に展開する八戸山車は観衆の人気を一手に集め、村民の多くが「下組の山車が一番大きい」「一番良い」と思っているようである。平成18年に借り上げを止め、約40年ぶりに自前の山車を作った。以来『やまたのおろち復活』『児雷也』『西遊記』『直江兼続』『壇ノ浦の戦い/弁慶立ち往生』と自作を続けている。個々の人形の出来栄えよりも八戸山車の規模や構造を優先的に学び、現在に至っているようである。


 

下組『源平壇ノ浦の戦い』:神輿行列と共に

 

野田の山車囃子

 野田村の山車の囃子は3組でおおむね統一されており、久慈の山車囃子とほぼ同じである。久慈管内の他の祭礼と同様、鉦は使わず2種類の太鼓と笛ではやす。
 浴衣姿の大太鼓が囃子の全体を仕切り、進行方向に向けてバットのような撥をかまえながらたたく。進行の囃子と山車を停止する囃子があり、一番激しい乱打の拍子は辻を廻るときに叩く。
 小太鼓は比較的ゆっくりとしたリズムで、たたき手のうち一人が「さーんしー」と声をかけてたたき始める。太鼓の子供たちは「やれやれやれやれ」といってたたくが、引き子の大人は「よーいすよいさ」と久慈風のイントネーションではやす。
 神社の門前などで音頭を上げるが、これは久慈や八戸にも見られる祝い言葉の木遣り音頭で、手木(運行責任者)が扇で口元を隠して上げる。音頭を上げるときは、合いの手を入れるために引き子が山車の前に集められる。音頭も笛も掛け声も、一切マイクで拡声しない。スピーカーを積まない山車というのは、なかなか珍しいと思う。
 初日は笛がお通りになって初めて出てきて、個別に神社前などに集まるときには太鼓のみを朴訥と囃す。最終日には運行当初から笛が入るようである。笛吹きは色とりどりの浴衣姿で、中組だけは笛吹きを山車の上に上げて運行している。

川端の看板

 

山車のほかにも

 お祭りの日には駅前の川原の両側、お祭り広場などに芝居絵、映画の絵、アニメの絵など思い思いの絵を描いた看板がならぶ。村内の各企業がお祭りにあわせて出しているものらしく、地域と密着した地場産業の姿が垣間見えた。看板は表と裏で別の絵が描いてあって、夜には中に明かりを点す行灯である。


 

上組『和藤内』:神社正面の出店通りを運行

お祭りの流れ

 祭典期間は正午から終日、中心市街全体に交通規制がかかる。自ずと町はのんびりとした雰囲気に返り、祭りに集う人の流れも一様でなく、自然に来て自然に帰る。初日と最終日には午後1時から4時過ぎまで、御神輿を先頭にした行列が町内を巡回する。
 行列に付くのは山車のほかに、やたらに多く水をかけられる練神輿数基と、野田神楽である。神輿は激しく上下しながら回す担ぎ方で、なかなか活気があって良い。野田神楽は久慈の山根神楽に非常によく似ているが、囃子がはっきりしていて歌も聴き取りやすい。鳥居前に至ると鳥兜2人と獅子頭2基で輪踊りをした後、一人立ちの権現舞に変わってかなり長い歯打ちを見せる。 歯打ちの部分は久慈の神楽に近いが、直立状態でなく反ったり沈んだり、変化のある歯打ちであった。最終日の夕方、神輿が神社に帰った後には、権現舞の各戸門付けが見られた。
 初日は、山車が昼過ぎに各地区を出発し、2時45分に愛宕神社の大鳥居をくぐり、出店が両側に並ぶ野田界隈を合同で動く。合同運行は休憩を挟んで4時半ごろに折り返し、上町界隈にて解散となる。その後はおのおの自町内以外を回って6時半ごろまで門付けをするという。

 中日は山車の運行がなく、昔は県内各地から著名な郷土芸能を呼んだりしていたようだ。現在はYOSAKOIソーランのイベントで盛り上がり、夜は花火を上げる。

中組見返し『浦島太郎』:山車競演

 

 最終日はお帰りで、午後1時に上町を出発し、2度鳥居前を通過する。観衆もだいたいいつ頃来るかわかっているようで、にわかに人が出てきたなあと思うと通りに神輿が見える。神輿が神社に帰ると山車は休憩となるが、道の真ん中にドーンと山車を止めて休めるのは野田ならではのことだ。山車組の門付けは山車を伴わずに行われ、音頭の合いの手を入れるために若者を10人くらい引き連れて歩く。山車は終始連動して動き、本拠への出入り以外には個別に動かない。
 夕闇が迫ると、大鳥居に至る3方向の道の端に山車が移り、ゆっくり鳥居前の広場に集まってくる。野田観光まつり最佳境の「山車競演」である。山車が集まってくるこの場面こそ、野田観光まつりの一番素晴らしい瞬間であると私は思う。野田の市街の特色を十二分に生かし切った見事な演出である。山車はライトアップされ、音頭もこの時ばかりはマイクで拡声され、3つの組で互いに祭り囃子を披露し合う。競演が終わるころに夜の帳がおり、山車は電飾したままそれぞれの本拠に帰る。
 夜7時頃に各組の山車太鼓が途絶え、久慈地域一円で盛んな盆踊り大会が役場前で行われて野田観光まつりは終了する。


中組『自雷也』:上町の通りにて出発待ち

 初めて見に行ったときの野田観光まつりは平日開催であったが、それでも多くの観客や引き子が集まっていて感動した覚えがある。地域がお祭りを熱心に受け入れ楽しみに待っている雰囲気が、そこに確かに感じられた。前述の平下氏は、山車の構想の大きさだけでなく野田の人々の山車への一生懸命さを強く感じているというが、私もまったく同感で、野田村の祭りに対する姿勢が快くてならなかった。


(追記)不断・改称・復旧

3車合同山車の見返し『義経八艘飛び』

 東日本大震災の時、北沿岸地域で最も大きな被害が出たのが野田村であった。野田村に驚かされたのは、この被災の年にすら、山車を絶やさず出したことである。
 津波を免れた上組の台車に中組の太鼓を乗せ、全てを流された下組も加えて3組合同で山車を引いた(これを当地では「3車合同」と呼んだ)。平下氏はこの年無償で3車合同の山車を上げ、新聞には今までにないくらい大きく、カラーで野田の山車が載った。題材は牛若丸で、後に大成する若者の姿に野田の未来への希望と決意が重なって見える気がした。3車合同山車2例はいずれも、見返しにも表並みの豪華な趣向を上げた。
 震災の年は「復興支援イベント」、翌年からは「野田まつり」として催行され、平成25年に上組・中組の2台、翌26年に下組が待望の復活を遂げた。平成27年には往事の如く夜間電飾を灯した山車が鳥居前3方に集い、「山車競演」が行われた。


 

文責・写真 : 山屋 賢一

 

※平三山車の登場する山車行事・製作歴一覧

※八戸流風流山車の諸行事

 

※ホームへ