二戸まつりと二戸市の山車行事

 

 

 

『山中鹿之介』(福岡:愛宕)

 岩手県二戸市では8月下旬から9月下旬にかけて、実に一週間毎に山車祭りが行われている。このうち市内中心部「福岡町」の三社大祭が「二戸まつり」の名で知られ、9月の第一週末に3日間開催される。呑香(とんこう)稲荷神社・愛宕神社・秋葉神社の三社の祭礼を一気に行う形式は、三戸・八戸など青森県南の例に並ぶ。出場する山車は毎年9台で岩手県北部では最も多いから、台数で考えればこの二戸まつりこそ「岩手県北最大の山車まつり」といえる。【写真1 愛宕山車『風流 山中鹿之介』】

 初日は稲荷神社のお通り、中日は愛宕神社、最終日は秋葉神社のお通りがある。この神輿行列に随行しての山車運行が「本番」と呼ばれ、2時間程度の本番に前後を含めた午後いっぱいが二戸の山車の運行時間である。個別に動いたり夜間に動くようなことは現在は無く、お通り以外での運行(集合場所への移動、解散場所からの移動)はものすごく窮屈に行われている。本番パレードでも早太鼓がメインで披露されるなど、山車の足は早い。行列の先立ちは市内日吉神社の坂本七つ物が務め、古風・素朴ながら道具を回したり杵を放ったりと変化に富む。

県北最高台数とは言ったものの、出場する山車の大半は業者発注ないし借り上げによって構成されている。福岡下町に端を発する「平三山車(平下信一氏製作の風流山車)」は二戸・九戸地方の各地に見られるが、福岡の秋祭りには最多の4台が出場している。発注先は田町・秋葉(下中町)・愛宕・市役所、これに初見時から長らく長嶺連中が加わっていて、平三山車の分布は福岡北部に綺麗に並んでいた。山車奉納地域中最南に位置する八幡下の「は組」は隣町の一戸から山車飾り一式を借り上げ、両者の中間に位置する五日町・在府小路八幡・川又が地元町内手作りの山車を出す。

 

 

『森蘭丸』(福岡:下仲町秋葉)提供写真

 初日の稲荷神社のお通りでは、長嶺の手作り山車・後に平三人形が4台・続いて盛岡流の五日町、川又、在八、八幡下が続く。北から南の隊列である。2日目、3日目は逆順で、最北の長嶺が最後尾となる。早足ではあるが、9台の山車の競演は各系統の味わいをそれぞれ見比べながら楽しめ、とりわけ平三人形というものを最も系統的に理解できる。残念ながら山車を止めて音頭上げができないので、運行開始時に上げるところもあるにはあるが、ほとんどの山車組で運行中にお囃子と並行する形で上げている。夜間は山車運行はほとんど無く、流し踊りを主とした市民パレードが花を添えている。【写真2 秋葉『風流 森蘭丸』(提供品)】

 

 

 二戸まつりで見られる郷土芸能の中では、初日に行われるなにゃどやら(南部領北部の代表的盆踊り)の流し踊りが圧巻である。毎年二戸市内の団体はもとより、九戸郡・二戸郡・青森県三八地方からも珠玉の顔ぶれが浴衣姿に太鼓をそろえる。太鼓を勇ましく片面打ちする二戸のなにゃどやらは、初心者でも気に入るような派手さがある。坂本七つ踊りはお通りのお供、合間あいまに市街の門打ちもする。
 私自身は確認していないが、
95日には「神代神楽」が稲荷神社に奉納されるらしい。この神楽は戦前に国指定文化財の候補に挙がったほど格式の高いもので、岩手県内の主流を占める山伏神楽とはまったく趣を異にする珍しいものである。

(備考)私が二戸の山車を初めて見に行ったのは平成11年で、初日の各組が八幡下に集まる場面から見物した。山車の出来は五日町が圧倒的に良いように感じたが、なじみ深い盛岡山車作風であったこともあろう。鎮西八郎為朝やら北条時宗やら、馬に乗った武者が表でなく見返しに飾られていることに驚き、「当地は盛岡周辺よりきちんと見返しを作るのだな」と当時は思った。
 平三山車の「目を剥き、歯を剥き」という印象は、このときに見た市役所の山車『楠正行』によるところが大きい。兜をやや下に構え刀を振り抜いた格好・舞台から派手に飛び出ている組み付けに唸った。脇に二人も武者がいるのを見て「こういう表現もあるのだな」と思い、それが多くの系統の同じ題を見比べる現在の私の山車見物・整理のルーツともなった。当時は今以上に松の上に紅葉やら桜が出ていて、その印象がいまだに私にとっての二戸山車のイメージである。写真が非常に撮りづらく、盛岡山車と同じ手法ではほとんどいい画が得られなかった。
 若干電飾が灯った松上げの重太郎の山車が戻ってきた画を覚えている。夜まで見て、なにゃとやらの流し踊りを一戸の鹿踊りとか沼宮内の駒踊りと同じ「激しい郷土芸能」として自分の中に位置づけた。今は、当時と全く違う部分に魅了されている。


 福岡三社大祭のほかにも、二戸市内各地域の祭りで山車が出ている。二戸という町がいかに山車というものを愛しているか、山車を通して地域がいかに連携しているか、二戸を訪れて感動させられることは多い。



『見返し 国定忠治』(福岡:長嶺)
二戸まつりの山車組

[
長嶺町内会祭典実行委員会]平成26年までは平三山車で、その年に考案される趣向のうち最も話題性の高いものを選ぶ傾向があった。高さと躍動感を活かした飾り方で、趣向を表裏一体とする年が他より多かった。山車の夜間運行があった時代は、長嶺の電飾が格段に素晴らしかったともいう。なお、二戸まつり復活当初は一戸の野田組から飾り一式を借り、太鼓も一戸以南と同じように前後に分断していた。
 平成27年から平三山車をやめて青森八戸の十六日町からの人形数体で『かぐや姫』を出し、翌年は自前の人形を混ぜて『本能寺の変』を作った。借り先変更に伴い飾り物(松・桜・牡丹・岩・波など)が大幅に減り、山車の様相は大きく変化している。 【写真3 長嶺山車の見返し『国定忠治』前夜祭にて】

 

[田町町内会]二戸まつり出場組では唯一の単独町内山車組で、一貫して平三山車を発注している。開閉式の軒花(馬簾)や白牡丹・黄牡丹を供え、松は明るい緑に着色、台車には手製の宮車を備えており、このように町内の工夫で「添え付け飾り」を行っているのは平三山車組では唯一の事例である。大太鼓を後ろに配す定型を貫き、バランスと色彩の良さを感じさせる山車が多い。
 180戸の意地で10年の苦節を乗り越え、昭和58年にギャロ町(「田」町だから、ゲロゲロ鳴くカエルの町)の象徴『自雷也』を出した。以来毎年地域一丸となって山車行事に励んでいる。 【写真4 田町山車の見返し『丸橋忠弥』】

『見返し 丸橋忠弥』(福岡:田町)



[中町秋葉町内会]平三山車のもともとの本拠である。人形数を2体前後に絞った落ち着いた構想が多く、せり上がりなどの仕掛けをあまり好まない。人形をしっかり見せる盛岡的な美意識があるともいえ、中央に大太鼓を配してダイナミックに叩く「太鼓山車」の風貌も兼ね、良くも悪くも福岡町的な風流山車の典型を備えている。

 

[愛宕山車]現在は平三山車組だが、二戸まつり復活当初は『村上義光錦旗を奪還す』等一戸借り上げの盛岡山車を出している。躍動的な茶馬に乗せた槍遣いの武者ものをよく出し、特に『山中鹿之介』は再三にわたって登場、壮大な構図とダイナミックな様式美を見せている。
 近年は『楠正成』『畠山重忠』など新趣向を所望して、平三山車の表現幅を広げている。雪洞や提灯・背景の蔵などに地元の酒蔵「南部美人」のロゴが入ることも多い。大太鼓をバットのような撥一本を両手で構えて叩く「一本打ち」が平成10年代にしばらく見られ、花形ともされた。


 

[二戸市役所お祭り同好会]平三山車。自治体が山車を出すケースは、本県内では盛岡・花巻・二戸の3例で、市内全域から引き子を募って山車文化の振興に奏功している。演題は年によって様々だが、規模・人形数について平三山車全体の平均よりやや上にあたるような趣向が多い。発注先で準備する松や桜の枝についても、特に良いものがたくさんこの組に集まるという。




[五日町若者連]盛岡風の玉眼入りの大人形を使う手作り山車組。人形の位置が低めで飾り方がやや派手だが、和紙製の玉桜が使われ布牡丹も紅白揃えた准盛岡型の山車といえる。
 からくりを備えた『道成寺』の清姫を始め、『連獅子』『車引き』『和藤内』など歌舞伎の趣向を手がける、県北では希少な存在である。見返しも立派で、表飾りで通用するような題を大振りの人形で作ることが多い。地元九戸城の英雄九戸政實の勇姿については、馬上・船上・龍や天馬にも乗せたりしながら連作している。
 JR東北新幹線二戸駅コンコースには五日町の山車人形を使ったお祭り展示が時々趣向を変えつつ常設され、乗降客を楽しませている。 【写真5 五日町山車の見返し『助六』】

『見返し 助六』(福岡:五日町)
(二戸まつり復活以降の歴代演題) H29:矢の根(矢研)/助六  H28:龍将九戸政實/車引き松王丸  H27:九戸政實(船上)/弁慶(僧兵姿)  H26:九戸政實/車引き梅王丸  H25:暫(元禄見得)/勧進帳(六方)  H24:平清盛/鏡獅子  H23:伊達政宗と片倉小十郎/景清(柱上げ)  H22:連獅子/車引き松王丸  H21:直江兼続(2人騎馬武者)/助六  H20:碇知盛(2体)/滝窓志賀之助  H19:加藤清正/押戻し  H18:川中島(双方馬上)/車引き梅王丸  H17:義経八艘飛び/勧進帳(折檻)  H16:新撰組/相馬大作  H15:和藤内の虎退治/景清(S63表と同型)  H14:車引(松王梅王)/碇知盛(歌舞伎)  H13:衝天九戸政實(天馬乗り)/矢の根  H12:龍将九戸政實/娘道成寺(鐘)  H11:九戸政實/蜘蛛の拍子舞  H10:滝窓志賀之助/鏡獅子  H9:素戔嗚尊/景清(牢割り)  H8:連獅子/朝比奈三郎  H7:京鹿子娘道成寺(鐘入り・可動式)/化身娘道成寺(蛇体の清姫)  H6:石川五右衛門/熊谷陣屋  H5:安倍貞任(炎立つ仕様)/鳴神(柱巻き)  H4:連獅子(髪洗い)/碇知盛  H3:明智惟任光秀/歌舞伎「不動」  H2:義経八艘飛び/助六水入り  H元:木村又蔵/相馬大作  S63:景清/勧進帳  

 

 

[在八町内会]在府小路・八幡平の手作り山車で、市内金田一・堀野の他、軽米町にも貸し出し歴がある。平成10年代に入って頻繁に作風を変え、現在は伸縮が入った准八戸式の山車を出している。
 初自作の平成元年から平成11年ころまでは盛岡風の大人形の山車で、見返しにも複数人形を使うなど凝った趣向を多く作った。その後平三山車程度まで人形の数を増やし大きさを縮小(平成15年『本能寺の変』など)、やがて八戸でよく見られる菊人形風の頭を使うようになり、牡丹の下に彫刻を施すなど青森県南の山車の雰囲気に近づいた。平成24年以降は、せり上げ舞台の入った山車となった。
 作風の変遷のみならず演題開拓への貪欲な姿勢も見られ、特に地域史を山車人形へと掘り起こす試みを積極的に行っている。

(二戸まつり復活以降の歴代演題) H29:義経八艘飛び/鶴の恩返し  H28:安倍晴明/浦島太郎  H27:かぐや姫/一休さん  H26:頼光四天王の土蜘蛛退治/一寸法師  H25:船弁慶/乙姫様  H24:九戸政實/かぐや姫《ここから八戸風》  H23:義経東下り/碇知盛  H22:赤穂浪士討ち入り牛若弁慶  H21:仁田四郎忠常/蛇沼政恒  H20:竜神観音  H19:武田信玄出陣/国分謙吉  《ここまで盛岡風》H18:愛橘のなまず退治/福岡との別れ  H17:孫悟空/常盤御前  H16:加藤清正/汐汲み  H15:本能寺の変/田中館愛橘夫妻  H14:七福神宝船/花咲爺  H13:九戸政實  H12:酒呑童子/金太郎  H11:鞍馬山/北条時宗笠懸  H10:阿仁のマタギ/渡辺綱と鬼婆  H9:石川五右衛門釜茹で/宮本武蔵と狐  H8:工藤祐経(富士の巻狩)/力持ちの和唐内  H7:児雷也/たつのこたろう  H6:龍虎の戦い/畠山重忠  H5:和藤内虎退治  H4:岩見重太郎/夜討ち曽我  H3:九戸政實(騎馬武者倒し)/九戸城の守り  H2:九戸政實  H元:相馬大作(2体)/南部火消し(2体)  S63:児雷也/弁慶

 

『見返し 後藤新平』(福岡:川又)
[
川又連合]福岡の秋祭りが中断していた時期も「川又まつり」として山車の製作・運行を絶やさず、復活当初の引き子は9組中最多で、他町への人形の貸し出しも行っていた。手作り風合いの独特の人形を使った、奇抜な採題の飾りの派手な自作山車である。藤の花は蛍光色の桜や紅葉から下がっており、白の演題表札の縁をカラーモールが巡っていた時期もある。最近は起き上がりや左右の引き出しが恒例として伴われるようになった(平成25年頃か)。数件の題材が繰り返し出た時期もあるが、近年はおおむね目新しい題が採られており、『太田道灌』『上総介広常の狐退治』『木津川合戦』など岩手を広く見てもこの組しか作っていない珍しい趣向がある。
 十八番の演題に、小玉虫の乗る船を備えた『那須与一』、息子重盛の諫言を交わすため鎧の上に袈裟を着た『平清盛』、信長の前に名馬を伴い参上する『山内一豊』、豊臣秀吉の華麗な鎧姿を飾る『小牧山合戦』などがあり、背面には見返し用に縮めた『忠臣蔵』や『加藤清正』がたびたび出てきた。 【写真6 川又山車の見返し『災害復興の先達 後藤新平』】

(二戸まつり復活以降の歴代演題) H28:頼光金時土蜘蛛退治/熊手と大黒様  H28:北畠顕家と蘭陵王/国体キャラクター(絵)  H27:袴垂と保昌/多聞天  H26:九戸政実(雑兵入り)/鯉の滝登りと童子  H25:洋装の信長(木津川合戦)/弁財天  H24:関羽と夏候惇/観音様  H23:船弁慶(怨霊知盛と)/後藤新平  H22:加藤清正/恵比寿様  H21:羅生門(馬上)/鯉金時  H20:九尾の狐(上総介広常)/水滸伝の張順  H19:義経八艘飛び(1体)/鬼若丸  H18:佐々木高綱/里見八犬伝(現八芳流閣)  H17:山内一豊/加藤清正  H16:小牧山の秀吉/花咲か爺さん  H15:巌流島の決闘/加藤清正  H14:那須与一/大石蔵之助  H13:山内一豊  H12:富士川の功名(騎馬武者のみ)/大岡越前  H11:平清盛(1体)/大石蔵之助  H10:小牧山の秀吉/かぐや姫(誕生)  H9:那須与一/花咲か爺さん  H8:山内一豊/め組  H7:鎧櫃を挟んだ清盛と重盛/加藤清正  H6:富士川の功名/大岡越前  H4:明智光秀/め組  H3:那須与一/花咲爺  H2:太田道灌  H元:宮本武蔵(巌流島、小次郎と船頭)  S63:山内一豊/大石蔵之助  S60:吉良上野介  S59:曽我兄弟

 

[は組]初日の行列出発場所である八幡下の山車。二戸まつり復活以降しばらくは一戸の本組からの借り上げであり、最後の借り上げとなった平成5年までは盛岡周辺と同じく太鼓を前後に配置していた。以降2年間の平三人形期を経て、現在は一戸上町組から飾り一式を買い、太鼓類をすべて人形の前に集めたトラック台車に飾っている。
 もとは一週前の一戸祭りとは別の趣向を上げる慣例があり、『釣鐘弁慶』『藤原純友』などが新作された年もあったが、近年はその年の上町組の表裏がそのまま上がることが多くなった。中岩の地の色は一戸一般の黒に対し、明るい青を選んでいる。
 太鼓の奏法や掛け声が際立って荒々しく、悪く言えば「ガラがよくない」。

(二戸まつり復活以降の歴代演題) H29:安宅の関杖折檻/藤原秀衡  (H28:台風で山車全壊)  H27:四条畷/楠公桜井の宿  H26:為朝弓打ち軍師官兵衛  H25:鵯越/常盤御前  H24:早川鮎乃介/尼子勝久  H23:黒髪山の大蛇退治/万寿姫  H22:義経八艘飛び/静御前  H21:加藤清正/豊臣秀頼  H20:真田幸村/由利鎌之助  H19:弁慶立ち往生/鞍馬山  H18:児雷也/藤娘  H17:瓶割り柴田/お市さま  H16:九戸政實/豊臣秀吉  H15:藤原純友/一寸法師(新趣向)  H14:桂川力蔵/前田まつ  H13:八幡太郎義家  H12:釣鐘弁慶(新趣向)/おじゃる丸  H11:松上げ重太郎(新趣向)/鶴の恩返し  H10:紀伊国屋文左衛門/もののけ姫(アシタカ)  H9:和藤内/もののけ姫  H8:滝間戸の志賀之助/孫悟空  《ここまで平三山車》H7:里見八犬伝/宮本武蔵  H6:四ツ車大八/つり恵比寿  《ここまで本組借上げ》H5:朝比奈三郎義秀  H4:西塔鬼若丸/弁慶山伏姿  H3:勇姿九戸政実(『楠木正成』の改作)/亀千代(新趣向)  H2:幡隋院長兵衛/大口屋暁雨  H元:碇知盛  S63:加藤清正  S62:畠山重忠  S60:仁田四郎忠常  S59:新門の辰五郎



 

<詳細日程>
9/第1木曜 pm7:00 前夜祭:山車総揃い、各組太鼓披露、共演太鼓・花火

『見返し 番場の忠太郎』(二戸市役所)前夜祭にて
9/
1金曜 【写真7 市役所山車の見返し『番場の忠太郎』】
pm1:30
 各組山車 八幡下集結(主に町の北部から巡行、八幡下駐車場にて1時間待機)
pm2:30
 呑香稲荷神社神輿渡御行列八幡下出発し北上
・坂本七つ物
<>長嶺山車
<>田町山車
<>秋葉(下町)山車
<>愛宕山車
<>市役所お祭り同好会山車
<>五日町山車
<>川又山車
<>在八山車
<>は組(八幡下)山車
pm4:30
神輿行列解散、は組山車Uターン
pm6:00ころ
坂本七つ物、稲荷神社付近門打ち
pm7:30
なにゃどやら流し踊り商店街南下

福岡八幡下は組『岩見重太郎』

9/1土曜 【写真8 は組『風流 岩見重太郎』(一戸上町組借り上げ)】
pm2:30
愛宕神社神輿渡御行列長嶺出発

9/1日曜
pm1:00 奉納呑香稲荷神社神代神楽 呑香稲荷神社神楽殿
pm2:10
二戸市郷土芸能披露(愛宕 本部前/市内4団体程度が場所を変えながら数回披露)
※平成26年実績:下斗米山伏神楽『三坊荒神』・金田一神楽『七つ物』『しし踊り』・深山神社神楽『番楽』・金田一太神楽 各10分で4回披露

pm2:30
秋葉神社神輿渡御行列町内南下開始(
この日のみ上米沢しし踊り随行)
pm4:30
二戸まつり閉会式・喧嘩太鼓  八幡下ユニバース駐車場にて


 

二戸市内の山車行事悉皆調査

 

薬師堂米沢 5/3・4

 

 IGR斗米駅から西へ道なりに徒歩15分程度で、米沢の薬師堂に着く。毎年GWの5月4日に本尊の薬師瑠璃光如来へ無病息災・五穀豊穣を祈願する祭典が行われ、地元では「やくしっこ」の名で知られる。
 平三人形の山車1台が作られ、3日夜7時過ぎより宵宮の試運転(1時間程度)、翌4日の本祭には午後2時から4時にかけて薬師堂周辺の通りを巡行する。趣向は前年に二戸広域を回った題の縮小版が多いが、この祭典のみに登場した趣向もある。照明は山車の前後にライトを2本ずつと、囃子の乗る山車の前側上方を提灯を並べて照らす。囃子は二戸中心部の例と比べ、曲がやや短い。(平成15・16・30年見物
)


 

 

高清水稲荷神社福田 8/16) ※

 

 「福田人形まつり」もとは旧の7月中旬の行事だが、近年は盆の16日に行われるようになって久しい。祭日の朝に付近の住民が神社に集まって男女の藁人形を作り、完成するとこれを抱えて踊り、神社の柱に固定する。午後になるとリヤカーに人形を乗せて、部落一帯を引いて歩く。実地見物時は午後1時半ごろ、町内を歩いているのを見た。
 人形は男像が約2メートルで、主に麦藁を使って作り、細部は稲藁で作るという。頭に男女の顔を紙に描いて貼り、進行方向に男神・背面に女神を据える。女神の足元に締め太鼓が2つ据えられている。運行に伴われるお囃子はこの太鼓と鉦ではやすが、二戸地方の七ツ踊りや鹿踊りと似たリズムであった。権現舞が付いて歩き、所望に応じて祈祷していた時期もあったらしい。神社の社旗と南部煎餅(胡麻煎餅)をたくさんぶら下げた梶棒が先行しているが、この煎餅で体の痛いところをこすり、人形に吊るして厄を払うのだという。
 部落を回りきると村はずれで人形を抱えた踊りが再び行われ、最後は煎餅とともに川に流されるという。

(平成25年見物)

 

 

金田一上町若連山車『九戸政実』
八坂神社金田一 8/盆明けの金・土・日

 

 山車行事は平成14年を最後に暫らく中断していたが、現在は上町若連が出して10年ほどになる。山車は市内福岡の在八町内会の飾り一式借り上げ・もしくは自前の人形や過去の趣向を交えた縮小版であり、祭典期間はいずれも正午か午後1時頃から動かし、夜の7時頃に納車する。門付け音頭を一軒一軒行うらしい。貸出先と異なり、太鼓類は全て前に集めている。
 私が実地に見に行った年は山車は中断しており、金田一太神楽・金田一七つ物などが町内を踊って回っていた。
 以前は平三人形や自作の人形で飾った山車2台が出ていた。昭和
30年代には青年部が競って4〜5台出したこともあり、当時出た絵紙も残っている。【写真9 金田一上町の山車『風流 九戸政實 』】

 

 

天満宮(上米沢 8最終土日)

 

 平三山車のうち最小のものが1台運行されていた(写真確認)が、平成29年には人形無しの太鼓だけの山車となった。

 

 

武内神社 堀野 9/第2土日)

『恵比須大黒』(堀野:馬渕組)

 

 IGR斗米駅から北に広がる堀野商店街と、街路に面した武内神社の境内で行われる祭典である。山車の通る道路は大型店が並ぶ都会風の佇まいであり、二戸市が市であることを二戸まつり以上に実感できるパレードコースである。山車は4台で、土曜は正午に出庫・午後2時から太鼓競演(音頭上げが先行して各組約10分間)・午後4時納車、日曜は午前11時半出庫で午後1時前に太鼓競演・午後3時半納車、門掛けは日曜の午前中に行う(形態は不明)。付属の山伏神楽(武内神社神楽)は金曜午後3時40分から奉納される。
 平三山車が馬渕組から出るが、人形のすぐ下に垂木を渡して提灯を並べて掛けるのが独特であり、大太鼓は後ろに据え笛吹きは山車の後方に列を作る。囃子は福岡の田町に似ている。
 三区連合も長く平三山車であったが、平成21年から26年までは福岡川又の前年以前の人形を飾った(趣向に一部省略あり)。人形部分が一般的な飾り方と比べて著しく高い位置から始まっており、松や桜は川又の山車よりもあっさりと、きちんと分けて飾られている。平成27年は表裏人形を自作、いずれも等身大に近い人形を使った。
 東組(東側若連)は一戸の西法寺組から表裏の人形を買い上げ、桜・藤・波などは自前で足して牡丹の絵が入った台車に飾って引く。牡丹は花だけで、葉っぱは見えない。特に囃子は二戸市内では際立って盛岡色が強く、一戸を飛び越えて盛岡・沼宮内などとほぼ同じであるが、停止拍子(3つまっちゃ・4つまっちゃなど)は山車を動かしたまま叩き、掛け声・音頭は二戸市内の他の山車組と大差無い。

 馬場・大畑は、長らく市内在八町内会の人形を買い上げて飾っていた。雪洞の字体と演題立て札が合わせてあり、在八より若干細身の台車で太鼓類も前に来るため、例年福岡まつりでの在八の山車とは印象の違う趣となった。平成24年に自主製作の『前田慶次郎/風魔小太郎』を出し、以来従前の風流人形に似ない劇画調の趣向で山車を作っている。山車小屋は2日目の出発地点となる野球場の中。笛は東組に近い盛岡風だが、太鼓や囃子言葉は二戸風である。【写真10 堀野馬渕組の山車『風流 恵比須大黒』/写真11 堀野三区連合『風流 船弁慶』、囃子競演にて】


(平成13・16・23・24年見物)
囃子競演での『船弁慶』(堀野:三区連合)


 


 

神明社(浄法寺 9/週末)

 

浄法寺上組の音頭あげ

 平成18年から二戸市に編入された旧浄法寺町の秋祭りで、昭和50年代に10年ほどの中断を経て復活した。当初はトラックに装飾を施したパレードカーのようなものも出ていたようだが、一戸町からの借り上げ体制が整って以降は周辺と同じ人形山車の祭りとなった。上組・仲の組・下組の3台(音頭ではダシではなくヤタイと呼んでいる)はいずれも人形・装飾を一戸の山車組に委託して作っている。具体的には、上組は西法寺組(前年の人形)、仲の組は上町組(その年の人形)、下組は橋中組(その年の人形)が担当し、サイドミラーの付いたトラック台車に飾る。仲の組の山車は野田組・二戸の川又が、上組の山車は上町組・本組がそれぞれ担当していた時期がある。丈、幅ともに一戸の山車よりもやや小ぶりで人形配置もそれに合わせて改変されているが、とりわけ上組の人形は一戸まつりでの様相とかなり異なる。

 各組とも白黒の絵紙を祝儀札とする習慣が残り、音頭は沖上げでなく盛岡音頭で、合いの手に太鼓の乱打が入る。歌詞は祝い音頭が多く、更新性の趣向は歌詞の最後に演題名を読み込む程度である。音律は七・七・七・七を想定しているように聞こえ、歌い方は久慈地方とよく似ていた。金棒引きが音頭に和す場面があり、音頭上げの際には上げる家の前に整列する。また山車を伴わず音頭上げで家々を回る際は、あげ手・金棒に加え太鼓も伴われる。笛は仲の組のみに残るが、音頭を終えた歩み出しの部分に吹くだけで、運行中は付けない。
 初日と最終日の神輿渡御・還御(いずれも午後1時から)に付いて合同運行を行う他、祭典期間中は朝9時から出庫し門付け運行も頻繁に行うようである。合同運行後に各々音頭を披露しながら帰るなど、山車の動かし方は二戸より一戸に近い。【写真12 浄法寺上組の音頭上げ風景/写真12 浄法寺上組『風流 川中島』と下組見返し『金太郎』のすれ違い】

(平成14・16・24年見物) 

『金太郎』(浄法寺:下組)

 

 

 

『碇知盛』(石切所:中央)
枋ノ木神社 石切所 9/第3土日) 【写真14 石切所中央一区の山車『風流 平知盛』/写真15 なにゃーと内に納まった『五条の橋』の山車】


 二戸駅前地区の秋祭りで、もともとは仮装行列の祭りだったというが、高度成長期に山車を出すようになった。山車は午前11時半には出庫し、合同運行は全酪工場を12時半に出発、地区内を回って午後1時半には二戸駅前に至る。駅前の坂を上るのがなかなかきついので、この時の太鼓は早拍子となり、掛け声はひときわ大きくなる。二戸駅前では囃子競演など催し物を行い午後5時に解散、音頭上げを伴う門付けはそれ以降も行う。

 川原橋通りが平三人形山車、枋ノ木中央(二戸駅前)と前田組は盛岡山車(福岡の五日町から人形を1体ずつ分割して借りる)・駅前一区(六区町内会)は青森県南型高覧山車(三戸町二日町の当年趣向縮小)・川原町三区は太鼓屋台を出す。台数は多いが、いずれも市内の他の祭典の山車と比べて小規模で、前田組・中央町内会は背面にご神体の男根を飾る。金勢神のお祭りなので、直接的なセックスアピール・下ネタの類が神社境内の雪洞など諸所に見られ、山車趣向自体にもそのテのアレンジが加わることがある。
 二戸駅に物産館「なにゃーと」が併設されてからは、前田・中央・一区の3台の山車がなにゃーと内に納められるようになった。

(平成14・27・28年見物)

二戸駅隣接「なにゃーと」で製作される石切所の山車

 

 

(日吉神社)坂本 10/第2土日)

 

 手作り山車が1台出たことがあった。写真確認。

 

 

※平三風流人形の山車 紹介ページ

※盛岡流の風流山車行事全事例(市内一部山車組該当)

 

 

文責・写真:山屋 賢一

(掲載写真の一部をページ利用者に提供いただきました。御礼申し上げます。)

※ホームへ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO