盛岡山車の演題【風流 車引き】

菅原伝授手習鑑 車引き

 

 

 戦前期に遡って盛岡山車の歌舞伎二体ものを探してみたら、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)の『車引き(くるまひき)』が、かなり昔から演し物に上がっているのに気が付いた。
 時は平安、延喜(えんぎ)の御世の物語。宇多(うだ)天皇は藤原摂関家の専横を嫌い、学者の菅原道真(すがわらの みちざね)を右大臣に抜擢して牽制をはかった。時の左大臣藤原時平(ふじわらの ときひら)はこれに危機感を覚え、道真に無実の罪を着せて左遷に追い込んでしまう。藤原家の他氏排斥運動は奈良時代以来の名家を次々に牙にかけたが、道真の大宰府配流は最もよく知られた逸話であり、これを下敷きとして、竹田出雲が「菅原伝授手習鑑」を書いた。歌舞伎の3大名曲とたたえられ、今日まで上演される名脚本である。
 道真の舎人(とねり:牛飼い)であった梅王丸(ばいおうまる、うめおうまる)と桜丸(さくらまる)は、主君の恨みを晴らすため、時平の牛車を襲おうと吉田神社の鳥居の前で待ち構えている。早速やってきた牛車を打ち壊すと、中から時平が現れ、時平の舎人松王丸(まつおうまる)が狼藉者を切り殺そうと颯爽と登場する。松王丸は、実は梅王の弟であり、桜丸の兄である。この関係がおいおい物語に起伏を呼んでいくのだが、山車の話に戻す。漆塗りの牛車を挟んで三兄弟が繰り広げる色鮮やかな舞台のありさま、これを再現したものが、盛岡山車の『車引き』である。

「松王・梅王(伝統型)」石鳥谷上若連平成12年

「松王・梅王(新型)」一戸町西法寺組平成18年

 『車引き』を二体で仕立てる場合は、松王丸に白い着物、梅王丸に赤い着物を着せて、綺麗に対照の見得を作る。対照とは、松王が「元禄見得」刀の柄を高くかざして片手を胸に、梅王は「石投げの見得」握りこぶしを高く構えて刀を下に…というコントラストで、松王を体勢高く、梅王は低く、松王は奥に、梅王は手前に設定する。赤の梅王は二本筋の隈取、白の松王はすっきりとした一本筋の隈で、眉と目の下の筋がそのまま後ろに伸びる「松王の隈」と呼ばれるものである。梅王も松王も腰に刀を三本差しているが、これは荒事装束の中でも珍しい豪華さで、両者の勇ましさを表している。
 計算しつくされた車引きの構図は盛岡山車の一二を争う美しさと評判が高く、近年はすっかり主流となったが、もとは三番組(盛岡市長田町・消防第八分団)独特の構図であった。実際の舞台とは松王・梅王の配置が逆になっているが、2つの人形で華やかさを出そうとするとこの方が効果的である。盛岡市内では新田町のか組、市外では石鳥谷町の上若連が三番組の構図をすっかり真似た。どの作品も優美壮麗というほか無く、大変見事な歌舞伎山車である。
 最近では、松王丸が白い着物の袂に手を入れて見得を切る新構想がほうぼうで出始めた。上記の定型は歌舞伎の幕切れ、新発想は舞台中盤の兄弟睨み合いを採り上げている。松王は低く、梅王は高い姿勢に設定され、県北の歌舞伎組として名高い一戸の西法寺組が最初に構想した。西法寺組はやはり2人の配置を舞台と逆にしたが、盛岡のさ組は舞台通りの配置にし、梅王に槍を持たせた。

「松王・時平」盛岡本組平成4年

 以上が、昭和晩期から平成にかけての『車引き』である。それ以前に『車引き』の山車といえば、「梅王・時平」の組み合わせが主流であった。舞台に牛車を上げて時平と梅王のにらみ合いを描く構想で、華やかさはもちろんのこと、「車の上に車を乗せる」という発想が面白い。
 歌舞伎では時平が青い筋隈取を取っているが、山車の時平では長らく隈取が略されていた。盛岡の本組は梅王ではなく松王を時平に並べて出したが、このとき歌舞伎同様の「公家荒れ」という隈取を見事に再現してみせ観衆を驚かせた。松王は時平を守る立場なので、2つの人形はまったく逆方向を向いている。また、時平と組む場合には、松王は赤の着物となる。本組の車引きは後々まで名作と語られ、平成に入ってからも再作された。
 戦前の車引きの山車には、梅王が紫白の童子格子のどてら姿で深編み笠を背に構えるというものもあり、これは梅王が観客に初めてその華やかな隈取を見せる場面を切り取っている。

『車引き梅王丸』石鳥谷中組昭和63年

 一体ものの『車引き』もある。松王梅王いずれかの見得だけを飾った山車で、石鳥谷町で比較的多く作られている。『車引き梅王丸』『梅王丸』、『車引き松王丸』『歌舞伎車引きの場 松王丸』『松王丸』など、様々な題がついた。一体になると、梅王は松王と同じように刀の柄を高く構える形となる。ほかに、暫の花道下がりと同じ抜き身の刀を背負う梅王の姿も山車にされた。

『道明寺苅屋姫』石鳥谷中組平成17年

 『車引き』の舞台には、時平の乗る牛車のほかに、神社の雰囲気を醸すような大道具・小道具を作ることがある。通常の山車に飾る造花に加え、紅梅・白梅が添えられたりもした。人形そのものの華やかさを際立たせるため、あえてこれらの大道具類を省いた作品もあった。
 対応する見返しは非常にまれであるが、松王丸もしくは梅王丸の妻を飾った『女車引き』や、時平の言いがかりの元になる道真の娘『苅屋姫(かりやひめ)』などが上がっている。三兄弟の最後の一人『桜丸』は昭和40年代の盛岡で何度か見返しに作られたが、平成以降の作例は無い。

 

(他地域)

 車引きを山車人形に取り上げる例は数々あり、東北以外でも、たとえば博多祇園山笠などで使われている。青森ねぶたの車引きは、ほとんどが松王・梅王の組で作られる。ただし多くの作品で、主に松王の色彩が歌舞伎から逸脱する。下北の大湊では、三兄弟をすべて組み上げた車引きが登場し、なかなかの秀作であった。
 八戸でも車引きの山車が出ており、これは舞台に登場人物すべてをあげた上で、金の仏像など創作飾りを加えて派手に演出するものである。山形の新庄でも、同様に役者勢揃いの車引きの屋台が出ている。
 秋田の角館では山車人形の数を2つに限るので、車引きが出る場合は盛岡山車とほぼ同じスタイルになる。ただし、松王梅王の構想は主流でなく、私が見た分では時平・梅王の趣向が多い。松王梅王が揃った構図では、『賀の祝い』といって米俵を掲げた姿の山車を見たことがある。秋田市土崎の曳山は裸人形の山車であり、この手法で描かれた車引きは、髪を乱した梅王が牛車を蹴倒して片手に車輪を振りかざすという構想であった。こういう車引きは当地ならではのものであろう、大変勇壮で見事な作品であった。

『見返し 松王丸』二戸市五日町町内会平成22年


文責・写真:山屋 賢一

 
(ページ内作品公開)
盛岡か組  石鳥谷上若連   沼宮内新町組  石鳥谷西組   盛岡さ組A

時平・梅王:盛岡観光協会

梅王丸:石鳥谷中組 日詰橋本組  松王丸:日詰上組
 
 
 
山屋賢一 保管資料一覧
提供できる写真 閲覧できる写真 絵紙
松王梅王 石鳥谷上若連@(本項)
盛岡か組
一戸西法寺組(本項)
石鳥谷上若連A
盛岡さ組@A
沼宮内新町組
石鳥谷西組
盛岡三番組@
盛岡三番組A
盛岡三番組(富沢:色刷)
石鳥谷上若連@(手拭)
盛岡か組(富沢:色刷)
一戸西法寺組
石鳥谷上若連A(手拭)
盛岡さ組@A
沼宮内新町組(手拭)

盛岡三番組(富沢)
梅王時平 盛岡観光協会 盛岡め組
盛岡い組@
盛岡い組A
秋田県角館
盛岡観光協会(圭)

盛岡め組(国広)
盛岡い組(国広)
松王時平 盛岡本組@
盛岡本組A(本項)
盛岡本組(香代子:色刷)

盛岡本組(富沢)
梅王丸 石鳥谷中組@(本項)A
石鳥谷中組B(刀肩掛け)
二戸市福岡五日町
石鳥谷下組 石鳥谷中組@A(手拭)
松王丸 石鳥谷上和町組
盛岡さ組
二戸市石切所前田組
日詰上組
盛岡さ組
苅谷姫 盛岡か組
石鳥谷中組(本項)
女車引き 盛岡さ組(千代)
石鳥谷中組(春)
ご希望の方はsutekinaomaturi@outlook.comへ

(音頭)

義理と情けを 世の手習いに 曳くや男の 山車(やまぐるま)
童子格子
(どうじ こうし)の どてらを纏い 花の歌舞伎で 車引き
松の緑の 治まる御世
(みよ)に 色を競うや 梅・桜
八幡祭りに 菅原伝授
(すがわらでんじゅ) 引くや梅・松 桜丸
いろは紅葉
(もみじ)の 菅原伝授 ちりぬる我が子 松王丸
聞くも芳し
(かんばし) 梅・松・桜 誉れを残す 車引き
見得は元禄 松王丸が 義理と情けの ひとにらみ
時平
(しへい)松王 吉田社(よしだしゃ)前の 歌舞伎の見得は 車引き
三つ子引き合い 車をやぶり 睨む時平の 金縛り
(かなしばり)
梅も桜も 飛び散る中に 松の緑を 車引き
梅に桜の 花散る里に 緑変わらぬ 松の風
騒ぐ松風 梅花
(うめばな)匂う 情けちりゆく 車前
舎人
(とねり)梅王 道真(みちざね)守り 花の見得きる 車引き
仁王もどきに 力みし姿 いずれも見事な 荒事師
(あらごとし)
梅王・桜の 名乗りをうけて 阻む
(はばむ)松王 車前
指を震わせ 青筋立てて 見得を競いて 花と咲く
誉れを急ぐ 元禄見得は さだめを知らぬ 車前
治まる御世に 梅・松・桜 その名も芳し 車引き
松に嵐の たとえも知らず あだに散りゆく 梅ざくら


※南部流風流山車(盛岡山車)行事全事例へ

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送