岩手県九戸村 九戸まつり

 

 

上町『真田大助』

九戸の山車

 岩手県九戸郡九戸村の「九戸まつり」は、一般的には繁華伊保内(いぼない)の祭典をさすが、戸田の神明宮の祭典が3年に一回開催されるので、この年だけは戸田と伊保内両方のお祭りをさして「九戸まつり」という。

 相互はまったく別々に開催されるが、開催日は一日ずれるだけで両地区ほぼ同時期であり、戸田の方が一日早く始まり、一日早く終わる。剣舞や鹿踊り・神楽などは戸田・伊保内の両方に出ていて構成がよく似ており、表裏一体の芸を伝えるものとも思える。戸田の九戸祭には更新性の山車は出ないが、『岩たなぎ童子』など非常に年季の入った古い京人形を乗せた屋台が3つほど歩く。ただ押して歩くだけで、お囃子は無い。

 毎年行われる伊保内熊野神社の祭典には、上町・下町・南田の3町内が山車を出す。自作時期もあったようだが、私が初めて見に行った年は平三山車100パーセントの山車祭りであった。二戸や軽米では平三山車に一戸借り上げ・八戸借り上げ・三戸借り上げ・自作山車などが混じるのだが、九戸まつりだけは全部平下さんが作った山車で揃えていた。
 平三山車が当該年度に始めて登場するのは、ゴールデンウィークの「やくしっこ(二戸市米沢薬師堂のお祭り)」であるが、夏から秋にかけて県北地方各地をめぐる「その年のデザイン」と呼べるような作品は、やはり伊保内で「初登場」するといえる。伊保内で出たものが、数週間ごとに二戸や野田、堀野、軽米などで出る。
 伊保内の山車は丈が低い。といっても貧相ではなく、一つ一つの人形をじっくり吟味できる利点がある。鎧兜の類もキラキラと真新しく、一番人形の使い方が丁寧なようである。全て太鼓類を台車の前に集中させている山車だが、それでも二戸祭りなどと比べて人形が見やすかった。

 

南田『浦島太郎』

 平成20年代に入って、伊保内の山車事情には再び著しい変化が出てきたので、以下に平成25年時点の各山車組の状況を述べる。

(伊保内熊野神社祭典山車 8/17・19の午後運行)

◎上 町

 八戸の鍛治町に依頼して平成18年に『関羽』を製作、以降『加藤清正』『川中島』『竹取物語』『九戸の乱』『庚申山の化け猫』などを八戸山車人形の切り売りによって作った。当初の構成は八戸山車のようではなく、せり上げや回転の無い平三山車と似た構成であり、それぞれの人形を見やすいわかりやすい山車であった。平成25年現在は一段のせり上げを必ず備えるようになり、徐々に青森南部の趣に近づいている。見返しには特にストーリーのない幻想的な場面を飾っていたが、平成23年は里見八犬伝と関連付け、登場人物の『悪女船虫』を上げた。山車の側面が彫刻アーチになっているなど、独自の工夫や俗化も見られる。唯一電飾を伴った山車となり、起き上がりの仕掛けなどもうまい演出で見せている。

◎南 田
 平成22年に平三山車をやめて自作化し、八戸人形の山車を出すようになった。牡丹や松などの定型の飾りを一切伴わず、趣向に必要な飾り物のみで山車を彩っている。そのため現状において、他よりやや小ぶりの山車に見える。当初、見返しにはほとんど手がかかっていなかったが、年々趣向を整えつつある。

◎下 町
 九戸まつりの平三山車は下町の一台だけになった。演題も、野田・二戸などとは共通しない九戸まつり独自のものになりつつあり、他地域での前の年の趣向が上がることもある。唯一生木の松を飾る山車となり、他の2つと比べて大振りで古風に見えるようになった。歴代演題

下町『九戸政実』


 音頭や山車の囃子は、おおまかには二戸地方のものに近い。盛岡に近い久慈風の音頭や、三戸のような優雅な行進囃子は無い。
 九戸、久慈地方の慣例で、伊保内でもお祭り中日の山車の運行は無く、郷土芸能のように門付けを行っている形跡もなかった。メインストリート沿いの公園のようなところに立ててある下町の山車小屋は、中日に訪れたときは前幕も閉じられ、ひっそりとしていた。


掲載写真(前半):上町山車『真田大助』(平三山車)・南田山車見返し『浦島太郎』(八戸人形)・下町山車『九戸政実』(平三山車)






戸田神明宮『高砂屋台』
(戸田神明宮祭典屋台 8/16・18の午後運行)

 いずれも黒塗りの屋根と欄干の付いた手押し車に人形を固定して引き回す。3台とも神輿に先行し、屋台を引く地区に芸能がある場合は芸能に先立って歩く。欄干の前側の柱に屋台の名が墨書してあり、人形は30センチから50センチくらいの小さなもので、足元とテグスで固定している。神輿がお旅所に付くと、屋台は青いビニールシートをかけてその場に置いていく(=門付けをしない?)。

◎弁慶屋台(宇堂口)
 鎧を着て両手で刀を振っている人形一つ。肌の色は浅黒く、髪は乱れ髪。社旗と古風な馬簾に続いて歩き、後から戸田虎舞が続く。

◎岩たなき屋台(西山)
 二人形。浅黒いやられ役の人形が舞台の右側に背を向けて倒れていて、両手に刀を構えている。舞台奥に白塗りの、諸手で岩を差し上げた人物が飾られている。後に同部落が伝える七つ物踊りが続く。

◎高砂屋台(平内)
 他の2つより大きめの人形で、踊り子を模した女人形である。一人は三味線引き、もう一人は舞子で、向かい合って据えられている。 後に平内狐けんが続くが、この芸能には高砂屋台の人形と同じような舞子の踊りが伴われる。



 伊保内にしても戸田にしても、お祭りに参加する郷土芸能の数、種類の多さに驚かされる。お通りの終着点にあたる神社の境内では、江刺家手の神楽、南部虎舞、紙ザイ鹿踊り、ケンバイ、七つ踊り、太神楽…といった県北部の主要な芸能が一堂に会し、広く浅くその概要を見せてくれる。これらがその後無規則に町に繰り出し、商店や民家の軒先で次々と芸を披露していく。この門付けばかりは観光案内にも見つけられない、現地に行って初めて楽しめるお祭りの見所である。

(平成13・16・23・25年見物)


上町『里見八犬伝 悪女船虫』
例年の日程

8/17
pm3:00
参加芸能・山車音頭の熊野神社奉納
pm3:30
山車3台伊保内病院集結・郷土芸能熊野神社出発
pm4:00
山車・郷土芸能町内巡行(神輿渡御)
・二ツ家虎舞
・太神楽
川向駒踊
荒谷獅子踊
九戸神楽
小倉七つ物舞
・遠志内剣舞
・上町山車(途中山車を止めて音頭上げ)
・下町山車(運行中に民謡調の音頭)
・南田山車(運行中に民謡調の音頭)
pm5:00
郷土芸能6団体、八幡宮境内にて演舞(一団体1〜2分)
山車、町内巡行
pm5:30
山車小屋入り


8/18  九戸音頭流し踊り(夜)

8/19
pm3:30
山車3台・郷土芸能八幡宮下集結
pm4:00
八幡宮から熊野神社へ向けて神輿還御、山車・芸能巡行
pm5:00
熊野神社にて芸能披露



戸田神明宮御旅所での奉納(倉野剣舞)
(補足)

 先日、九戸の村祭りを見物して思った。


 村役場やら観光課やらに事前に問い合わせたところ、
「戸田地区でやる3年に1回のお祭りですが、中日の17日には何かやるんですか?」
「なんにもやりません」
「郷土芸能は?」
「なんにもやりません」
…17日は伊保内で平三山車が動くしなあ。せっかく車を出してくれる人もいるし、戸田とあわせて見られたら都合がよかったんだけど。まあ、仕方がない。戸田は翌日に見に行こう。

 17日、裏道を散々巡って、葛巻から九戸に向かう道。倉野とか、平内とか、戸田のお祭りに芸能を出す地名がバス停にちらほら、でも全然お祭りの気配がない。
「すいません、この辺のお祭りってどこでやってるんですか?」
「ああ、もう少し先に行ったらへんでチョコチョコと飾り物をしているとこがあったでしょう。あそこらへんで踊りを踊ってる、あれがうちの祭りなんです。踊り組はみんなあっちのほうで踊ってる。他の人が見ると、あれが祭りか!?なんていうんだけれど、あれがうちの祭りなんですよ。」
 すごく自虐的なコメントをされる。少し車を走らせると、確かに神明社に幟、そして、なんと瀬月内神楽が門付けをやっているではないか!慌てて車から飛び出すと、なにやら権現さんがいる家の奥のほうで、違うお囃子が聞こえる。
「七つ物だ!」
 また駆ける。2軒分の踊りを見て、また車へ。今度は思いっきりテープ音源で南部手踊りらしきものをやっている。スルーしようとした矢先、変なものが3つ家の脇にいるのに気づく。

平内狐けん
「ああこれが、かの平内狐けん(稲荷天狗狐剣)であるか。」
…とまあこんな感じで、伊保内にいくならもう少し時間を置いても、とギリギリに二戸を出てきたことが災いし、次から次へと出てくる戸田の芸能門付けを、
「ちょっとだけ、ちょっとだけ」
と見ているうちに、伊保内へは4時半過ぎに着いてしまった。

 翌日、今度はバスで九戸へ向かう。伊保内の営業所から戸田方面に出るバスは、伊保内についてから20分くらい待ったあと、出るという。で、今度は18日の伊保内で何かあるかどうかと聞く。
「夜の6時から…。」
「昼間は?」
「何もありません」
「郷土芸能は?」
「何もありません」
 実際に行ってみて驚いた。お通りにつくすべての芸能が伊保内の町に出て、1軒1軒の軒先で踊っている。だから、伊保内の町は芸能と芸能と芸能と芸能と芸能と芸能の、多重な音楽に満ち満ちている。ことに獅子踊りと七つ物では、門付けにつき物の「花舞」を演っている。ほとほと商店街から離れづらくいたが、いいかげんにバスがきたので、飛び乗るように路上に止めた。

戸田神明宮『岩たなき屋台』
 戸田では、4時からといっていた行列が雨の影響で3時に前倒しになり、4時開始の情報に合わせてきた私は少々ぶんむくれになった。でも4時半を過ぎたころに、戸田の中心街に芸能が次々と繰り出してきて、やはり一軒一軒門付けをする。後ろ髪を惹かれるようにして、5時にタクシーを呼んで伊保内に帰った。
 タクシー代はバス料金の8倍となる1610円、再び5時半に出るバスを待つまで20分、芸能を見る。


 別にこのことで、観光課や役場は何をやっているのだ!!、などと責めるつもりはない。むしろこれが、昔ながらのお祭りの姿なのだと思う。踊り組が門付けの日程を観光客に知らせる理屈などどこにあろうか。何時にどこどこで、などと紙に日程を移して見せる理屈がどこにあろうか。お祭りとは、どこからともなく現れ、いつのまにか大騒ぎをはじめ、これがいつ尽きるかは知らない、いつのまにかどこかへ去っていく。伊保内で、戸田で、私は北上みちのく芸能まつりがごとき、限られた区域で多数の芸能がいっせいに演舞する状況を味わったのであるが、これは決して計画性をもったものではなく、虫が春になるといっせいに動き出すような、実に自然味あふれるものなのであった。

 せかせかとバスや列車の日程を気にしながらお祭りを見に行っていた私が、ついぞ忘れてしまっていた、本来のお祭りの楽しみ方を、九戸村を訪れることでかりそめなりとも、思い出せた気がする。(平成16年見物時)




掲載写真(後半):戸田高砂屋台・伊保内上町山車見返し『悪女船虫』(八戸人形)・倉野剣舞・平内狐けん・戸田岩たなき屋台



※平三山車のページへ

※八戸三社大祭のページへ

文責・写真:山屋 賢一

※ホームへ
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO