青森県南のさまざまな風流山車行事

 

三戸町(青森県) 

 

 岩手県北部から青森県南部にかけての山車行事のうち、最古といわれるものの一つ。祭典は、もとは9月13日からの3日間開催だったが、現在は9月第2週末に行われるようになった。すべての山車が町内手作りで、数年前に審査制度が出来、見事さを互いに競い合うようになった。山車の上部に折り曲げ式の飾りをつけて高さを調整する「どんでん返し」の仕掛けが古くから用いられ、岩手県北から青森県南部地方にかけて学ばれている。囃子は神社に向かうとき・神輿行列に随行するときは京風の優雅なものを、自町内に帰るときには八戸や盛岡の囃子と似たテンポのよいものを使う。二戸地方と共通する「よいとこな」と合いの手が入る音頭を歌い、帰りの囃子には「わーっしょーい」と掛け声をかける。飾りは松、富士、桜、椛、牡丹、菖蒲で、ビニール製のものが多い。5色の馬簾(軒花)もビニール製である。
 写真は下二日町の山車で「将門と滝夜叉姫」。この下二日町のほか2町が、岩手県内への山車の貸し出しを行っている。(平成13・16・23・24年見物)

 

※平成13年見物時の感想

 

 

南部町の山車 (旧名川+旧南部+旧福地を総括)

剣吉諏訪神社大祭(旧名川町) 最寄駅:IGR剣吉駅

9月8日から10日まで、「南部手踊り」を踊るための舞台を備えた山車5台が運行する。人形は前面の屋根と、背面全体を飾る。囃子は踊り舞台に備え、振袖を着た踊り子が襷掛けで太鼓を叩く。音曲は神輿渡御に従うときの優雅な囃子と、自町内に帰るときのリズミカルな囃子の2種類で、後者は八戸の山車囃子とまったく同じである。神社行列以外で他の町内を運行する時は、山車の囃子は太鼓のみにする。夜10時頃まで運行するため、照明あり。
 写真は荒町の山車で「桃太郎苦戦」。踊り子が舞台で手踊りを演じているところ。

(平成14・16年見物)

実際に見に行ってみて

 

 

「南部まつり」(旧南部町) 最寄駅:IGR三戸駅

 8月第4週末開催。山車運行は2日目にあたる日曜日で、午後3時から夜8時ころまで。パレードが三戸駅に到着し山車が折り返す夜7時頃を「山車競演」と称している。

平成16年は駅前牡丹園・小波田・大向町・門前町の4台の人形山車が運行、三戸流「どんでん返し」の仕掛けを伴う大型のものもあり、4者4様である。衣料用のマネキンや発泡スチロールを削って造った人形、絵の見返しなどが見られる。夜間照明もつく。囃子は、行きは三味線の入る優雅なもの、帰りは二戸以南のようなテンポの良い囃子を使い分ける。「やっとこせ、よいわな」と合いの手の入る音頭を上げながら運行、音頭による祝儀返礼も山車を止めてしっかり行っている。

写真は門前の山車で「義経一の谷」。この作品以前はアニメキャラクターなどの大人形だった。

 

(南部まつりの歴史)

1970年代までは「南部町駅前町内会」として三戸町の秋祭りに山車を出していたが、しばらく休止し、90年代に入って南部町独自の「南部祭り」が創設された。大名行列と樽神輿の祭りとして始まったが、十和田のような太鼓車に創作太鼓を乗せて運行したこともあった。神輿はあくまで神体を伴わない樽神輿である。平成15年頃から人形山車を2町内会で出すようになり、三戸町から囃子の指導を受けた。

 

(平成16・17年見物)

実際見に行ってみて

  

南部地方えんぶり(旧名川町を中心とした冬のお祭り)

()

 

野辺地町(青森県)  野辺地八幡宮

 

 京都から北前船で野辺地まで伝わったとされる祇園祭。山車は2段欄干型で、下段に稚児装束の少女を乗せ、優雅な囃子を奏でる。音曲の中には、東北地方太平洋側に広く見られる「けんばやし」などが含まれる。
 どの山車でも行列の先頭に太神楽と花馬簾を伴い、太神楽の囃子が山車の囃子を凌駕するほど華やかに、威勢よく演奏されている。山車人形は菊人形風のものだが大変作りが丁寧で、1つの飾りにつき2〜3体程度使われている。装飾は岩とビニール製の軒花のほか、必要に応じて桜や椛、松の造花が飾られる。背面飾りは、ねぶたのように送り絵を描くところもあれば、人形飾りを作るところもあり、まちまちである。同じ絵を数年間使うところもあるようだ。開催日はお盆明けの4日間。
 写真は「水滸伝」の山車。ねぶたの演題にはよく出てくるが、人形山車の演題には滅多にあがらない。駅前に山車が集まる初日に撮影。
(平成14・16・17・18・24年見物)

 

平成24年写真帖

(外部リンク 写真掲載サイト)

★野辺地町観光協会

★野辺地町立図書館

 




青森県南部地方のこれ以外の山車行事

 

文責・写真:山屋 賢一

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO